特徴

特徴

Kobe Bilingual School

HOME | キンダーガーテン | エレメンタリースクール | カリキュラム | よくある質問 | 特徴 | 授業料

KOBILSの特徴

縦割りクラス: : ホームルームや教科により2~3学年までの縦割りクラス(2~3学年が同じクラス)となります。社会、美術、道徳、ライフスキルは、1年を通して反復(スパイラル)による学習を行います。また、トピックやテーマは、同じでも、解釈がそれぞれの子どもたちの関心や能力に反映され、独自に工夫して、各教科のプロジェクトに取り組むよう指導し、子供たちが前進していくよう促します。

elementary3

英語、国語、算数でのレベル別学習:

子供たちは、それぞれのレベルや学習スタイルに適したグループで学びますので、最大限の達成を遂げることができます。

インターナショナルスクールでありながら日本教育システムを採用:

日本の教育指導要領から国語を学習するだけでなく社会を取り入れ、音楽ではピアニカを使用します。また、給食があります。給食とは、野菜を多く含む栄養バランスの取れた調理したての日本スタイルの食事になります。子どもたちは、給食当番のように配膳を手伝い、給食の食材やその役割などについて学びます。また、一日の終わりには、教室を掃除する時間を設けます。

2言語への配慮:

英語イマージョン(授業は全て英語)ですが、日本語での授業もあります。キンダーガーテン・低学年では、母国語以外の言語(ほとんどの場合が英語)を優先的に学びますが、4年生からは、専門言語やバイリンガルとしてのバランスを決定して頂けます。

ライフスキルカリキュラム:お金の管理と実用的なライフスキル:

ライフスキルの授業では、お金の管理など実用的なライフスキルを学びます。KOBILSでは、1年間の活動費として18,000円を保護者にご用意いただき、1年生で銀行の口座を開設します。子どもたちは、銀行で入金方法やATM使用方法を学び、高学年になるとインターネットバンキングを利用してお金の管理方法を学びます。活動費の中から、家族の誕生日やイベントに使用するための予算を組み、寄付を行い、利益のために運営する事業(ビジネス)に投資も行います。カリキュラムには、料理、洗濯、工具を使用した簡単な家具の組み立てなど日常生活に不可欠なスキルも含んでいます。また、子どもたちは、給食の配膳から基本的な掃除やメンテナンスなどスクール内での役割を担当します。

4

遊び、美術、教科横断プロジェクトの十分な時間:

十分な昼休みや午後休憩、また体育のダンス、音楽、美術と図工をカリキュラムに取り入れることにより、子どもたちが幅広い、バランスのとれた教育を受けることができるようにしています。KOBILSでは、自由遊び、編成された遊びとも極めて重要と考えており、これらに時間を費やすことにより、身体や精神を豊かにし、脳の構築を促すものと考えております。

KOBILSでは、体育とダンスは、外部からの専門の先生が担当します。

キンダーガーテンから6年生まで編成されたカリキュラム:

子どもたちは、キンダーガーテンからゆとりのあるCfEカリキュラムをスタートし、教科横断学習を行います。KOBILSキンダーガーテンは、塩屋西部の東垂水の高台にあり、義務教育を始める前の期間に、屋外で様々な活動を行ったり自然と親しむことができます。

カリキュラムレビュー:

子どもたちは、毎週、その週についての復習や話し合いを母国語(日本語、英語、その他の言語)でする機会を与えられます。これにより、学習を確実に定着させ、重要な教科の特定の語彙を母国語(母国語が英語でない場合)では何と言うのか確認でき、また、自分の達成状況について意見を言ったり、心配事を話したりすることでパストラルケア(心のケア)を行うことができます。

4月始まりのスクールイヤー:

スクールイヤーは、通常の日本における学期と同様に4月始まりとなります。4月1日以前に満6歳のお子様は、グレード1に入学できます。4月1日の時点で6歳に満たないお子様は、キンダーガーテンに入学できます。

プリスクールは、1カ国語のみ話すお子様にお勧めしており、空きがあれば2歳になればすぐに入会できます。

テクノロジーの教科横断学習:

エレメンタリーでは、子どもたちはiPadをご準備いただき、4年生からは別途テクノロジー費を頂戴し充実した学習を行っております。ほぼすべての教科にわたってアプリやオンライン教材を使用し、子どもたちはテクノロジーを幅広く学んでいます。

モーニングクラブ・アフタースクール学童:

保護者の方がお仕事をされている場合やそれ以外の方でもご希望の場合、3歳以上のお子様は、7時30分~18時までスクールで過ごすことができます。(お仕事をされている保護者の方々が優先されます。)食事は、栄養バランスのとれた温かい昼食、午後のおやつを提供します。アフタースクール学童は、曜日ごとに設定されたテーマに基づいて学習しますので、子どもたちは、サイエンスを更に詳しく学んだり、プロジェクトに取り組んだり、音楽やダンスを練習したり、読み書きの学習のサポートを受けることができます。また、十分な自由遊びの時間も設けてあります。

達成評価・保護者の方々とのコミュニケーション

スクールは、常に見学を受け付けております。KOBILSでは、「can do statements」により、お子様が何に取り組み、どのようにプログレスを遂げているのかを簡単で分かり易い言葉を使いお知らせします。また、参観日や個別懇談会があり、スクールでの子どもたちの様子をご覧いただけるように、クラスの様子を撮影した写真を毎週、Facebookに掲載しています。保護者の方々は、いつでもスクールと連絡を取っていただけ、ご意見や心配事等がある場合やお話をされたい場合は、オンラインでフィードバックを送信していただくこともできますし、直接お話の時間を取ることもできます。

HOME | キンダーガーテン | エレメンタリースクール | カリキュラム | よくある質問 | 特徴 | 授業料

Join Us!

私たちは、ハッピーでフレンドリーな子供たちの育成に自信を持っています。KOBILSでは、子供たちが逞しく、優しく、探究心があり、生涯学習が好きになることができます。スクールに来るのが好きで、私たちも子供たちが通って来るのが大好きです!是非一度スクールへお越し下さい。お子様にお会いできることをスタッフ一同お待ちしております。

入学手続き:

願書ダウンロードはこちらからどうぞ

KOBILS News!

オンライン説明会

オンライン説明会、オンライン見学ツアーが終了しました。オンラインでの開催は、初めての試みでしたが、87%の方が「大変良かった」「良かった」とアンケートにお答えいただきました。アンケートにご協力いただいた方々は、ありがとうございました。
 
来年度入学入園をご希望の方は、第1期の出願期間は、9月30日までになりますが、その後も随時受付しておりますので、お待ちしております。
 
なお、説明会でお伝えできなかった内容で1日の流れを知りたかったというご意見をいただきましたので、お答えさせていただきます。
 
エレメンタリースクール(1年生・月曜日の時間割)
8:30-9:00 登校・授業準備・外遊び
9:00-9:45 道徳
9:50-10:35 ライフスキル
10:35-10:50 休み時間
10:55-11:40 算数
11:45-12:45 給食・昼休み
12:50-13:35 英語
13:35-14:20 国語
14:20-14:30 休み時間
14:30-15:15 保健体育
15:15-15:30 下校準備
15:30-16:30 クラブ活動(火水木)
 
キンダーガーテン(火曜日ー金曜日 月曜日は日本語デイ)
8:45–09:45 順次登園、日常生活スキル、フリープレイ
10:00-10:30 歌、ダンス、サークルタイム
10:30-11:00 クラフトタイム
11:00-11:10 トイレ、水分補給
11:10-11:45 テーマによるゲームやボキャブラリー、フォニックス、ラーニングタイム
11:45-12:00 トイレ、ランチ準備、水分補給
12:00-12:40 ランチ、読書、静かに過ごす時間
12:45-13:00 外遊び、トイレ、水分補給
13:00-13:30 絵本、お話
13:30-13:45 今日のおさらい、降園準備
 
7:30-8:30 モーニングクラブ
18:00までの学童も行っております。
 

身体の不自由な方のアクセス

KOBILSの目標は、全ての人に私たちの教育を受ける機会を設けることです。新校舎では、車いす使用者がほとんどの教室を移動できるようになりました。エレベーターで3階まで全ての階に行くことができ、広いドアや身体障害者用のお手洗いもあり、身体の不自由な方も校舎を使用することが出来ます。是非見学にお越しください!

新しいプレイグランド

KOBILSの新校舎ではたくさんのエキサイトメントがありますが、特にプレイグラウンドについて、みなさまにご紹介させていただきます。毎日子どもたちが笑顔で遊んでおり、ジャングルジムでは自分たちの限界に挑戦することができます。きれいな人工芝のプレイグラウンドと傾斜では座ったり、転がったり、鬼ごっこをしたりすることができます。授業時間以外には、近所の子どもたちもプレイグラウンドで遊ぶことができますので、お気軽に遊びに来てください!